テキストサイズ 小 |中 |大 |

ふるさと身延連携協議会ふるさと身延連携協議会平成27年度活動状況平成27年度活動状況豊岡地区活性化施設(旧豊岡小学校)豊岡地区活性化施設(旧豊岡小学校)共同開発商品共同開発商品豊岡地区の皆さま豊岡地区の皆さま街のみなさま街のみなさま身延町、豊岡地区の背景身延町、豊岡地区の背景問合せ問合せ
HOME > 豊岡地区の皆さまへ


都市住民の方々が、相又の耕作放棄地となっていた田んぼにお米を作り、畑にあけぼの大豆を作り始め5年目となります。現在は、3団体が主に東京より3時間強の時間をかけ、時期によっては渋滞の中通ってきています。
また、地域の課題を少しでも解決するお手伝いも頂き、相又での火祭を共同で行うことで賦活し、その後とよおか祭として年々、参加者も増え充実してきています。
このように、都市住民の皆さんとの交流により、豊岡地区の課題を解決してゆくことを目的に、豊岡地区活性化施設を拠点として、活動を活性化したいという希望をもって、「ふるさと身延連携協議会」を平成26年8月に発足いたしました。
今後は、通って来てくださっている都市住民の皆さんとの交流を深めながら、地区の課題解決にも繋がるようにご協力をお願いいたします。

具体的には

〇野菜収穫や栽培体験を受け入れてくれる方を探しています。
〇野菜を販売してくれ方を探しています。
 ・・・都市住民の皆さんに美味しい野菜を販売してください。
 ・・・豊岡地区活性化施設の加工用野菜として販売してください
〇果樹の収穫をさせてください。
 ・・・採りきれない果樹を放置すると、獣害を招くことにもなります。収穫しても良い果樹があればお知らせください。

農家農家 放棄果樹放棄果樹

メールアドレスメールアドレス